公園にはさまざまな世代・考え方の人々がおとずれます。その気がなくても、あなたが「良いこと」と思っていることが、誰かに迷惑をかけることもあります。公園のルールとマナーは、悲しい思いをする人を減らし、誰もが公園で気持ちのいい時間を過ごせるようにするためのものです。以下のルールとマナーを守って、公園を利用してください。

新型コロナウイルス対策について

緊急事態措置の期間中における北海道知事からの要請
  • 運動や散歩など、健康維持のために必要な場合を除き、公園の利用を控えてください。
  • 食事で公園を利用する場合は、「4人以内」「短時間」の利用とし、「黙食」を実践してください。
  • 大声は出さず、会話の場面ではマスクを着用してください。
  • 特に、公園内における集団での飲酒など、感染リスクの高い行動は控えてください。
緑ヶ丘公園駐車場の施錠時間の変更について
  • 緊急事態措置の期間中は、緑ヶ丘公園の駐車場の施錠時間を22時から20時に変更します。
  • ※児童遊園駐車場は、緊急事態措置の期間に関わらず、当面の間18時施錠とします。
日常的な公園利用について
  • 日常的な公園利用は、少人数で行い、すいた時間・場所を選び、周囲の人との密接・密集を避けるなど、新しい生活様式の取り組みの徹底をお願いします。
  • 公園使用許可を受けた事業者や主催者は、「新北海道スタイル」の取り組みの徹底をお願いします。
  • 体調不良時の公園のご利用はお控えください。

公園のおもなルールとマナー

  • 市内の公園は、令和2年4月1日から原則、全面禁煙です。
  • 公園や施設(ベンチなど)は、傷をつけたりしないよう大切に使用してください。
  • 草花や樹木を折ったり、持ち帰ったりしないでください。
  • 大きな物音をたてたり、夜遅くまで騒ぐなど、他の公園利用者や近隣にお住まいの方々などに迷惑となる行為はしないでください。
  • ゴミや空き缶などは必ず各自で持ち帰ってください。
  • ペットを散歩させる場合は必ずリードをつけ、フンは持ち帰ってください。
  • 小さいお子さまには、必ず大人の方が付き添ってください。
  • 決められた場所以外での駐車や路上駐車はしないでください。
  • 危険ですので自動車やオートバイの乗入れはしないでください。
  • 服やかばんのひもが遊具に引っ掛かり、思わぬ事故につながることがありますので、服装にご注意ください。
  • エゾリスや野鳥など野生動物を人馴れさせる行為(餌付けなど)はしないでください。
  • 公園で焼肉(バーベキュー)を行う場合は、次のことに注意してください。
    1. 火気を使用する場合は、各自で火元の管理をしてください。
    2. 直火にならないよう、脚付きの焼台などを使用し、芝生を傷めないようにしてください。
    3. 消火は確実に行い、燃え残った炭は持ち帰ってください。
    4. ゴミや炭、焼台など、持ち込んだものは必ず持ち帰ってください。
    5. ロープや杭などによる場所取りは、他の公園利用者に迷惑となりますのでご遠慮ください。
    6. 水飲み場やトイレは炊事場ではありません。食器等を洗うのはご遠慮ください。

緑ヶ丘公園内 グリーンパークのルール

  • 火気の使用(焼肉など)はできません。
  • ペットを連れての利用はできません。
  • 車両や自転車などの乗り入れはしないでください。

公園でイベントを開催したい方へ

催事やイベントを行う場合には、許可が必要になる場合があります。申請書類は使用予定の15日前までに提出して頂く必要があります。

申請が必要となる使用の例
物販を伴うイベント
営業用の写真やテレビ、映画の撮影
競技会や展示会などで公園の全部または一部を独占して使用するイベント
公園・緑地での調査研究
必要書類
申請書
企画書やチラシなどの開催内容がわかる書類
配置図(テントやステージを設置する場合)

また、許可が必要となる公園使用に際しては帯広市公園条例に基づき、使用料の納付が必要となります。申請方法など詳細については、帯広市のホームページの下部をご覧ください。

遊具について

  • 遊具については定期的に点検を実施していますが、遊具に異常を見つけた場合は、下記までご連絡をお願いいたします。
  • 遊具を利用するときは、「高いところから飛び降りる」「滑り台を立ったまま滑る」などは危険ですからやめましょう。事故防止にご協力ください。
  • 安全のため3歳から6歳の幼児には、大人の方が付き添ってください。
  • 公園の新しい遊具には対象年齢を示すシールが表示してありますので、年齢に合った遊具で遊びましょう。
年齢表示シールの写真